トップ

ようこそ

ぴおが製作したゲームとか置いてます。


制作物
微塵に砕かれるテンシちゃん


ソードマスターテンシ

初東方二次創作。
ソードマスターのテンシが仇なす敵を微塵に砕く、
テイルズ風ソードアクション。


最近のこと



戦闘ヘリMOD
戦闘ヘリMOD1.4.6対応版つくりました。


東方Project・攻略ブログ
スポンサーサイト

[DirectX]Xファイルアニメーション作成メモ[RokDeBone2]

RokDeBone2を使ってXファイルアニメーションを作る。
モデルはプリミティブなのを組み合わせたものを使う(いわゆるメッシュアニメーション)

RokDeBone2 操作チートシート
カメラ操作
右ドラッグ:回転
ホイールドラッグ:移動
左+右ドラッグ:拡縮

ボーンの入れ方は参考ページのやり方でOK。
人型の場合は、対称命名法に従って名前を付ける。
頭や腰など左右対称じゃないもの…◯◯_X
腕や足など左右対称なもの
X軸プラス方向側…◯◯_X+
X軸マイナス方向側…◯◯_X-
これにより対称pasteが使える。

対称命名法の例
rokdebone02.png

影2を使って体のパーツを覆うようにボーンの影響度を設定するとうまく動く。
影響度設定をするボーンは末端のボーン。

アニメーション
ポーズ取らせてキーフレームを付けていく。

アニメーションのFPSは「表示」→「同期ダイアログ」より設定出来る(基本60FPS)

モーションの保存は、File→ファイル書き出し→qua を選択。

Xファイルの保存は、File→ファイル書き出し→sig を選択。
保存ダイアログで拡張子を「マルチトラックXファイル」にして保存。
ダイアログで、「加」ボタンを押してアニメーションをセットして保存完了。


分からんこと
ボーンの位置を左右対称にしたい。

・参考ページ
Xファイルのアニメーションを作る
おちゃっこLAB - RokDeBone2

RokDeBone2での作業の流れ
ゲーム好きかい? - RokDeBone2講座ぁぁぁあああああ!!!!

細かいRokDeBone2の使い方
Windowsで作る3Dゲーム

[DirectX9.0]Xファイルモデルのアニメーション[自分用]

自分用。アニメーションする上で使えそうなサイトのリンクを貼るだけ

・参考ページ
Xファイルのアニメーションを作る
おちゃっこLAB - RokDeBone2

Xファイルのアニメーションのいろいろ
マルペケつくろーどっとコム - その37 アニメーションの根っこ:アニメーションコントーラをガンガン使う!

Xファイル読み込んで、複数のオブジェクトそれぞれアニメさせる
一つのスキンメッシュで複数のキャラを制御する

アニメーション合成の注意
雨弓のゲーム製作ブログ - アニメーションの合成

[Twitter]昔ふぁぼったチーム制作に関するツイート

ゲームジャムが近々あるらしいので、ゲームジャムの前夜に読むとよさそうなツイートをまとめてみる。
















参加しないんですけどね。

[OpenGL][GLUT]VisualStudio2013でのglut.h等の配置

VisualStudio2010までは、Microsoft SDKs内に配置していたものが、2013(2012も)ではWindows Kits内に。
フォルダ構成も微妙に変わってるので注意(umフォルダとか)

glut.h
C:\Program Files (x86)\Windows Kits\8.1\Include\um\gl

glut32.lib
C:\Program Files (x86)\Windows Kits\8.1\Lib\winv6.3\um\x86

glut64.lib
C:\Program Files (x86)\Windows Kits\8.1\Lib\winv6.3\um\x64

glut32.dll
C:\Windows\SysWOW64

glut64.dll
C:\Windows\System32

参考URL
Windows で GLUT を使う準備をする
http://www.naturalsoftware.jp/blog/2901
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

ぴお

Author:ぴお
ようこそ

自分のゲーム制作での備忘録や製作記録を書き留めておくブログです。

■やってるサービス
Twitter:piorimu

Pixiv
http://www.pixiv.net/member.php?id=1126385

Twitter
このページのトップへ